So-net無料ブログ作成

病気よりも気になる最近の政治 [生活エッセイ]

 自分の病気の治療経過をお伝えすることが主な目的で続けているブログだが、安倍政権発足以来、この国の病状も気になってならない。国の中枢の病なので、中・高年の前立腺の病よりもよほど重篤なのではないだろうか。心配だ。自分の国のことなので、他人ごとではないのだ。
 もっとも私だけが「国家が脳腫瘍に罹ってしまった」とわめいているのなら、ただの気のせい、あるいは取り越し苦労の可能性も大だが、毎日曜のたびに、専門家筋も同様の危惧を抱いているという確信が募ってしまうのだから、この先どうなってしまうのか、国の病の行方が、自分の病以上に気になるのだ。
 日曜の朝は、寝坊しなければTBSの時事放談を見る。先週は片山善博氏と浜矩子氏が、今週は、野中広務氏と古賀誠氏が、公的年金の株式運用や集団的自衛権行使の閣議決定方針などについて、政府のやり方を批判していた。中でも古賀氏は、与党協議で公明党にばかりブレーキ役を頼っている現状について、自民党内のハト派は、特に宏池会は何をやっているのかと自分の派閥の後輩に檄を飛ばしていた。確か副総裁の谷垣さんも、その主要な一人だろう。閣議決定は全員一致でなされていると聞く。一人でも反対すれば振り出しに戻るはずだ。すぐにまた、その首を挿げ替えてやろうとするだろうが、そんな乱一つ起こらず、すんなりと、こんな大胆な憲法無視が行われてしまうのだろうか。まったく、自民党という党は、自らの立身出世、私利私欲しか考えない腰ぬけ政治家の集まりだったのか…という思いが、出演者の周辺に漂っていた。
 中枢の悪性腫瘍が、まずは脳全体に広がりつつあるのだ。怖い病だ。
 実際に脳腫瘍で悩んでいる人も多い中で、このような例え話は適切ではないし、不快に思われる人もいらっしゃるだろう。その点はお詫びを申し上げなければならないが、ただ、個人の罹る腫瘍と、社会にはびこる悪政とは根本的に違うところがあるのだ。前者は、医者が外部から良性か悪性か判定し、外部から様々な治療がなされるのである。場合によっては除去したり根絶したり、悪化や増殖を抑えたりすることができるのである。ところが、後者は外部からの判定や治療がなされない。内部の自浄作用、自己免疫力等に依るしかないのだ。何が健康で何が病なのか、症状を自覚して、社会が判断し、健康への道を自ら歩まなければならない。その、判断を下し歩む方向を決める中枢部分の認識能力や判定基準に狂いが生じているのだ。社会の構成員の多くから、様々な危惧や疑問や忠告が出される中、それらを無視して強引に社会の方向づけを行っている。
 くどいようだが「と、私が思っている」という程度の話ではないのだ。全国放送のテレビ局が、日曜の朝から声高に疑問を投げかけているのだ。8時からのサンデーモーニングでも、「引き返せないところまで進んでしまう」と警告(というか呻きというか)が異口同音に発せられていた。
 二つ隣のチャンネルフジテレビを見てみたら、都議会のセクハラやじ問題と、韓国の海難事故をめぐる報道をやっていた。こちらの番組は国政への不安を表明しようとするものではないようだった。
 マスメディアがこぞって警鐘を鳴らしている訳ではないのだが、鳴らしているところのほうに、報道陣としての使命感や次世代への責任感、社会人としての良心のようなものを感じてしまうのだ。そうでないメディアには、個人的な良心よりも、「みんなでこれで行くんだ」という集団主義的な大雑把さや権力への迎合主義、誤魔化しのようなものを感じてしまうのだ。
 国の在り方がこんなでいいのだろうか、というのが日々の心情だ。
 そんな鬱陶しい気分でいたところ、ワールドカップの日本人観戦者のマナーの良さが世界的に称賛されているという話題が報じられた。一方で、都議会での大変レベルの低いセクハラやじも世界に発信され、ヒンシュクを買っているとのこと。きめ細かく周囲に配慮し、平和を愛好する多くの国民と、少数だが、利己的、排他的、差別的な政治家が政界を牛耳っているという日本の二面性が、奇しくも同時に世界に報じられたわけだ。
 いくら善良な国民が多くても、国として間違った行動をとってしまっては取り返しがつかないのだから、一人ひとりが、政治に対して、しっかり関心と責任を持つようにしなければならないと思う。今の日本の政治家は、日本人の一部の代表でしかなく、決して、全体をバランスよく代表するものではないように思える。早く修正していかないと、素晴らしい日本人が、またまた、自爆テロの先駆けのような悲惨で残虐な行動をとるようなことになりかねない。

続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

3ヶ月ぶりのG大病院③ [病気及び治療経過]

 昨日から6月になったばかりだというのに、連日34度、35度という暑さを記録している。蝉こそ鳴いていないものの、もうすっかり真夏の気配だ。本番ほど長くは続かないだろうから、可愛い暑さと言ってもいいだろう。梅雨入りまでのひと時をエンジョイしてしまおうという気分でいるのがよいかもしれない。。
 さて段々暑くなり始めた先週の水曜日に、3ヶ月ぶり(前回同様13週ぶり)の診察に、G大病院に行ってきた。診察の予約時間は10時だったが、採血を早く済ませられれば、検査結果を踏まえて診察してもらえる。7時20分頃近所のコンビニでサンドイッチとカフェオレを買い込み、それを口に頬張りながら、そのおよそ30分後には食後の薬(前立腺の薬1錠、血圧の薬2錠、便を軟らかくする薬1錠(呑み始めるとなかなか減らせないものだなあ))も麦茶で呑み込み、一目散に病院に向かった。首尾よく9時15分前には病院の入り口付近に着いたのだが、受付機が到着を認めた時間は9時04分だった。駐車はわりとスムーズにできたのだが、駐車した場所から外来のホールまでが長かった。4~500メートルはあったと思う。もともと遠いうえに、今まで使っていた通路が、建物の新築工事のためだろう、足場シートで遮断されていた。後戻りする羽目になり、ちょっとうずく尻をさすりさすり、朝からいい運動をしてしまった。
 採血は35分待ちぐらいでできた。ここの待ち時間は受付番号の進み具合が明瞭に表示されるので、ほとんど苦にならない。トイレに行ったり、携帯メールをチェックしたり、読みかけの本を取り出したりしていると、順番が回ってくる。
 採血箇所の止血用ガーゼを抑えながら泌尿器科外来に行くと、なんと間もなくお呼びがかかった。S先生のお声だ。
「どうですか、調子は?」
「はい、それが、この春は腰の周りがどうも痛くて…」入室してまだ腰を下す前に説明を始めた。
「この辺りが。最初は骨盤かなと思ったのですが、関節というよりも、なんか筋肉痛のような感じもして、今はお尻の肉が…」
「それはあり得るねー。骨が減ってくるんですよね。骨密度を測りましょう。レントゲンですよ。受けていってください。」
「はい。他は、お陰様で特に悪いところはありません。」
「それは結構ですね。運動をしっかりするように心掛けたほうがいいですよ。では次は8月の…」
 この春は、2月の大雪(バカ雪?)があったり、孫の子守があったりして、過労気味だと思っていたものだから、「運動をしっかりするように」と言われると、「いいんすか、もっと運動したほうが…」と意外に思ったが、これは口には出さず、ただなんとなく元気が出て、先生の前を退いた。
 レントゲンの案内を待つ間に、過去の血液検査の結果表をいただきたい旨を受付に申し出た。当初、検査結果は渡されるものと思っていたので催促しなかったのだ。一昨年の5月6月辺りの検査数値が不明なのだ。昔の悪かった時の数値など今となってはそれほど関心はないが、病の経過の一例としては空白は少ないほうがいいだろう。お忙しい中を受付嬢が結果表を出してくれた。
 それによると、2012年4月の発覚当初のPSA値が38.51だったのが、5/7 36.32、6/12 37.22、6/27 13.40、7/25 2.75、8/22 0.96と急速に下がっている。確か、5月末にカソデックスの服用を始め、6/27からリュープリンの注射を始めたように記憶する。薬効あらたかの見本のような数値の減少である。しかしこれが根治を表す数値ではないので、長期戦を覚悟して(というか、そうなることを喜びとして?)、医師の指導に従っていきたい。
 骨密度の測定は簡単であった。台の上に仰向けに寝て、腰全体と、左側骨盤のレントゲン写真を撮っただけだった。結果は、例によって次回の診察時とのこと。長期戦だから、急ぐ必要は多分ないのだろう。
 最後はいつものように化学療法室でリュープリン3か月分をうってもらい、今日の血液検査の結果を待ってプリントアウトしてもらい、精算機で支払いを済ませ、11時頃診察完了となった。
 血液検査の結果は、PSAは相変わらず0.01未満だったが、血糖値が120と高くなっていた。食べながら来たから、食後の血糖値になってしまったようだ。次回は、家でちゃんと食べてから出るか、サンドイッチを1個にするかしないとだめだなあというのが反省点だ。
 駐車場に向かう前に、星野富弘さんの展示コーナーに寄った。展示物は同じだったが、味わいが深いから飽きるということはない。どの作品にも生きていることの感動と感謝が溢れていて、「略画」の天才だなあと、またまた思ったのだった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。