So-net無料ブログ作成

東田直樹さんが僕に教えてくれたこと

 直接的にはNHKのテレビ番組が教えてくれたことだが、自閉症の方の心の内を知ることができて感動した。番組のタイトルは「君が僕の息子について教えてくれたこと」自閉症の子を持つイギリス人の作家デイビット・ミッチェル氏の立場でタイトルがつけられているが、主人公は東田直樹さんだ。

 東田さんは重度の自閉症だが、家族の深い愛に包まれ、奇跡的にローマ字表をたどることで気持ちを表すことができるようになり、童話や随筆などを発表している。この方の作品のお陰で、理解に苦しむ自閉症の方の心の内が見えるようになったのだ。(すでにご存じの方も多いと思うので詳しい説明は省略します)

 そこに見えたのは、温かい思いやりと「世界を見つめる曇りのない目」だった。脳の機能に異常があって、簡単にコミュニケーションをとることができない人の心が、こんなに価値ある輝かしいものであることを知ることができて、目から鱗がひとつ落ちたのだった。

 人は、愛に包まれて、余分な欲を持たずひたむきに成長すると、こんなに素晴らしい心が育まれるのだ。挙動からは推測しにくいことだけに、良いことを教えてもらった。東田直樹さん、ご家族の方、ミッチェル氏、NHKなど、関係方々にお礼を申し上げたい。

(今日は久しぶりに時間ができて、アベの⑨を書かなければ…と思っていたが、「美しい国へ」は言葉だけで感動がないので、後回しになった。)
 




nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 3

にじ

そうですね。
感動と、ひとのおもいにふれることが大切だなあと、わたしも少し、まわりがみえてきました。
街中を歩くこと。下からの目線でふっとみえるものがありますよね。
子育てしていた頃を思い出さなきゃ。
そのうち、小さなお子さんと、歩き回れるようになりますね。


by にじ (2014-11-24 15:11) 

momotaro

にじさん
コメントありがとうございます。
なかなか見えない心の中が見えたらとっても豊かだった!
って感動しますよね。
心して生きないと…って心境になりました。



by momotaro (2014-11-25 12:21) 

majyo

やはりNHKを見た友人からお知らせがあり
詩2編が送られてきました。
挙動からはわからないが、言葉を紡ぐその感性は
素晴らしいですね。

途中省略
>みんな知っているのかなぁと心配するのがやさしい人
なれるかな? そんな人に


by majyo (2014-11-25 19:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。